The Tribezというゲームで初めて課金しました!

私がスマホを持ってから初めて課金したゲームはThe Tribezというゲームでした。原始人のようなキャクターが町を作って発展させていくゲームです。

最初は一つの島だけだったので基本は無料だし、そのままゲームが出来ればいいかなと思っていたのですが、途中から新しい島にいけるようになったりしてどんどん島が増えていきました。他の島に行くにはクエストをこなさなくてはいけないのでクエストを中心で進めていくと、何度やっても取れないクエストアイテムがあってなかなか先に進めなくなってしまいました。

もう何日もそのクエストアイテムを取るためにやっていたので、だんだんイライラしてきたのと早く先に進みたい一心で課金してしまいました。

課金形態はそこまで不信感を持つような課金アイテムの使用方法ではなかったので、それからもずっと続けていて現在に至ります。最初に1~2回課金しただけで今はスムーズに進められているので、課金に踏み切って良かったと思っています。

_

「Proを無料でブロックを解除」をチェック!

「Proを無料でブロックを解除」をチェック!
というアプリがシンプルなのに難解です!

何枚かのパズルを移動させて、
一つの赤いパズルを出口(ゴール)に持っていくゲームなのですが、
最短の手数でゴールをするのは本当に難しいです。
最短の手数ですと三ツ星評価をもらえるのですが、
なかなか三ツ星でのゴールはできません。

三ツ星評価の時は爽快な気持ちになります。
しかし、そもそも手数が多くてもゴールまで苦戦します。
脳内では、最短の手数で、このパズルをここに動かすと、次にこうなる!
というように想像と記憶力を要します。

,

しかし、実際やってみると想像とは違う動きになり行き詰まり、
また最初からやり直しをします。
予想と実際の動きは異なり難解です。
シンプルが故に本当の意味での脳みそトレーニングゲームと言えるでしょう。

課金もなくあの膨大な問題量は半端ないです。
私も最終問題まであと何百個問題があることか。
最後までクリアするにはかなりの時間を要するでしょう。

しかし、ゲーム内容がシンプルなので、
少しの時間があれば楽しめます!
なかなか解けない奥深いゲームです。

将棋アプリ 将皇の超優秀なCPU

「将棋アプリ 将皇」は大変難易度が高く、将棋の
腕に自信がある人でも真剣に打ち込めるゲーム
だと思います。

私は将棋アマ初段で、このアプリは別に勉強や
研究目的ではなく単純に暇つぶし目的で
ダウンロードしたのですが、CPUの予想外の
歯ごたえに驚いてしまいました。

人相手なら何局か
指せばその人の指し筋が見えてきてこちらの
勝ちパターンも作りやすいのですが、このソフトの
CPUは攻め方にしろ王の囲い方にしろどこか
掴みどころがなく、当初は連敗してしまい本当に
腹立たしかったです。

慣れてきた今でも勝敗は五分五分といった感じ
で、完全攻略は出来ず非常に手こずる相手で
あることに変わりありません。

外でちょこっと将棋差せたらいいなと思っていた
のですが、このアプリは家で時間に余裕の
ある時にしか使っていません。

本腰入れてかからないと簡単に負けてしまい、
落ち込んでしまうので対局時は全力で挑んでいます。
スマホに向いていないのかも知れませんが、
私のお気に入りアプリです。

.

「戦国無双シュート」で武将の成長に限界を感じたとき

コーエーテクモゲームスのコンシューマの人気ゲームに「戦国無双」シリーズがあります。私は、そのシリーズの大ファンだったので、スマホ版のゲームができると聞いて、事前登録もして楽しみに待っていました。

さて、実際にサービスが始まってみると……。最初のうちは、ログイン・プレゼントでガチャ券も配られたこともあり、強い武将を手に入れることができました。しかし、この「戦国無双シュート」では、ただ武将を手に入れるだけではなく、その武将の専用武器を入手して、それを使って4段階覚醒させていかないとならないのです。専用武器と言っても、火・水・風・雷と属性があるので、武将が合致し、属性まで合致しないといけません。ガチャではほぼ出ないので、クエストで入手しようと頑張りました。

|

ところが、このクエストも進んで行くうちに、どんどんと難易度が高くなり、成長させた武将で挑まないとなかなかクリアが難しい状態になってきたのです。ビリヤードやピンボールのように、武将を兵隊に向けてシュートしていくのですが、クエストが進むと途中で大砲や竜巻、雷といったギミックがたくさん仕掛けられるようになるのです。

失敗しても課金すれば、クエストを続けられるので、課金もしました……が、しかし、クリアできても目指していた武器が手に入るかはわからない、まったくの運任せなのです。本多忠勝を強化したくて頑張ったのですが、ある程度お金を使ったところで諦めました。プレステや3DSの「戦国無双」にお金をかけよう。そう思って、今は完全リタイアです。

親子で白熱クイズ合戦。

ゲームで盛り上がった経験ですが、子供と一緒にタブレットで魔法使いと黒猫のウィズのアプリを一緒にプレイした時はかなり盛り上がりました。
私が経験者だったためもちろん子供よりも上手くプレイ出来ていましたので、親の威厳とでも言いましょうか常に子供にそれは違うなどと偉そうに教えてましたね。
内容がクイズ形式のため、自慢ではないですが雑学を物凄くたくさん知ってる私としては、クイズは得意中の得意だったんです。
しかしやはり子供の吸収力や記憶力は凄いものがあり、特に子供の得意分野のクイズに関しては私よりも確実に早く答えるようになりましたし、その度に勝ち誇ったような顔をされ、大人げないですが必死で子供とクイズを競うように答えてました。
そもそも相手と競うような内容のゲームじゃないんですが、久々に子どもと一緒にキャッキャ言いながら、時には悔しがりながら時間を忘れてゲームを楽しみました。妻にいつまでやってるのって何度も怒られましたね。なんだかこのゲームで親子の距離が近づいたような気がします。
`